宮城 県 地震 履歴

平成17年 3月20日の福岡県西方沖で発生した地震への宮城県の対応について; 平成16年10月23日の新潟県中越で発生した地震への宮城県の対応について; スマトラ沖大地震及びインド洋津波災害への支援について; 過去に県内で発生した災害の記録-宮城県災害年表 宮城県沖地震(みやぎけんおきじしん)は、日本の宮城県東方沖を震源とする地震。 特に日本海溝(海洋プレートと大陸プレートの境界部分)の大陸プレート側を震源として周期的に発生するマグニチュード m 7.5前後の地震を指す。 【各地の震度に関する情報】震度1以上を観測した地点と地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)の情報 〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7番1号 |代表電話 022-261-1111 市役所・区役所などの一般的な業務時間は8時30分~17時00分です。 (土日祝日および12月29日~1月3日はお休みです)ただし、施設によって異なる場合があります。 1962年(昭和37年)4月30日11時26分24秒、宮城県北部で発生した地震。震源は、宮城県登米郡(現:登米市)迫町付近(北緯38度44.4分、東経141度8.3分)で、震源の深さは19km、地震の規模を示すM 6.5。 宮城県では過去に幾度か大洪水に見舞われてきました。このような、大洪水は、いつどこで発生するかわかりません。この恐ろしさを忘れることなく、常に防災に対する備えを心掛けておくために、過去に発生した洪水の被災状況を掲載しました。 石垣 what a wonderful day. 過去の地震情報 (日付の新しい順) 気象庁の震度データベースを検索できます 戻る. 更新日:2019年12月19日 災害時には必ずお役に立ちます、非常用簡易トイレの情報ページへ 地図画像と文字で震源地、震度、マグニチュードを素早く詳しく確認できます。過去の地震も閲覧可能 地震 【M7.6】死者3人、負傷788人、住家全半壊501戸。道路、港湾の被害も有り。 平成15年 5月26日 (2003) 宮城県沖 (三陸南) 地震 【M7.1】負傷174人、住家全半壊23戸。震源が70kmと深いため、被害は小規模。 平成15年 7月26日 (2003) 宮城県北部 連続地震

もっと詳しく知る »

2000年以降、日本で発生した震度5以上の地震を調べてみました

戻る. 更新日:2019年12月19日 災害時には必ずお役に立ちます、非常用簡易トイレの情報ページへ 政府の地震調査研究推進本部は26日、青森県東方沖から房総沖にかけての日本海溝沿いで、今後30年以内に地震が発生する確率を公表した。宮城県 ...

詳細を見る »

宮城県沖地震 - Wikipedia

宮城県沖地震(みやぎけんおきじしん)は、日本の宮城県東方沖を震源とする地震。 特に日本海溝(海洋プレートと大陸プレートの境界部分)の大陸プレート側を震源として周期的に発生するマグニチュード m 7.5前後の地震を指す。 K-NETまたはKiK-netで震度5弱相当以上が観測された地震のリスト: 地震発生時刻をクリックすると、速報ページを表示します。 情報発表時刻2014年10月15日12時56分発生時刻2014年10月15日12時51分ごろ震源地宮城県沖緯度北緯38.5度経度東経141.7度深さ70kmマグニチュード4.5情報この地震による津波の心配はありません。震度4宮城県涌谷町震度3岩手県一関市宮城県仙台青葉区仙台宮城野区石巻市塩竈市気仙沼市角田市岩沼市登米市 ...

詳細を見る »

地震履歴@宮城県 - 地震発生… - goo

地震履歴宮城県※宮城県沖※宮城県南部※宮城県北部※宮城県中部地震履歴@宮城県 宮城沖では約20%で「巨大地震」が発生. 宮城県沖で発生が予測される地震は、1968年5月に発生した十勝沖地震などが該当する、プレート間地震と同じタイプとされている。 この十勝沖地震では、北海道・函館市や苫小牧市などで震度5の強い揺れを観測 ...

詳細を見る »

みやぎ水害記録集 - 宮城県公式ウェブサイト

宮城県では過去に幾度か大洪水に見舞われてきました。このような、大洪水は、いつどこで発生するかわかりません。この恐ろしさを忘れることなく、常に防災に対する備えを心掛けておくために、過去に発生した洪水の被災状況を掲載しました。 2003年7月26日 宮城県北部 震度6強の地震 地質図からのアプローチ:[速報] 2003年07月26日 開設 2003年7月26日午前0時13分頃、宮城県北部を震源とするマグニチュード(M)5.5、最大震度6弱の地震を皮切りに、 午前7時13分頃にはM6.2、最大震度6強(本震)、午前10時52分にM5.1、同5弱、午後4時56分にはM5.3 ... 【宮城県】宮城県は、晴れや曇りで、西部の山沿いでは雪の降っている所があります。11日は、冬型の気圧配置が次第に緩み、高気圧に覆われてくるため、晴れや曇りですが、西部の山沿いでは昼前まで雪の降る所があるでしょう。12日は、高気圧に覆われる ...

詳細を見る »

気象庁|緊急地震速報(予報)発表状況

緊急地震速報は、公益財団法人鉄道総合技術研究所と気象庁による共同技術開発と、国立研究開発法人防災科学技術研究所による技術開発の成果により可能になりました。 毎日新聞のニュース・情報サイトの気象情報です。天気予報のほか、台風情報、地震速報、注意報・警報なども掲載してい ...

詳細を見る »

地震と建築基準法 - BIGLOBE

気象庁は、この地震を「1968年十勝沖地震」と命名した。 宮城県沖地震: 1978年(昭和53年)6月12日マグニチュード7.4 震度5の地震が仙台市を襲いました。 気象庁により「1978年宮城県沖地震」と命名されたこの地震では、 地震履歴情報は地震の履歴を収集掲載しています。

詳細を見る »

宮城県の地震活動の特徴 | 地震本部

また、1900年の宮城県北部の地震、1962年の宮城県北部地震、2003年宮城県北部の地震では、宮城県北部を中心に震度6強~5弱の強い揺れが生じ、被害がありましたが、これらの地震に対応する活断層は見つかっていません。 「宮城県沖地震」と呼ばれる陸に近い海域でM7.4前後の地震が起きる確率は、11年版の「不明」を「50%程度」に変更。05年8月16日に宮城県沖で ...

詳細を見る »

5分でわかる宮城県で起きる地震発生の確率と被害予想について - 危機回避.com

宮城県民のあなた、宮城県で起きる地震の発生確率ってどれくらいか知っていますか?そして地震対策しっかりできていますか? 「いつ発生するか」はわからないけれど、「いつか起きる」ことだけは確実ですので、いざ 震源地:福島県浜通り 最大震度:2、マグニチュード:3.8; 発生時刻:2020年02月07日 05時41分ごろ 震源地:宮城県沖 最大震度:1、マグニチュード:3.4; 発生時刻:2020年02月06日 20時20分ごろ 震源地:茨城県沖 最大震度:2、マグニチュード:5.6

詳細を見る »

気象庁|震度データベース検索

気象庁の震度データベースを検索できます 秋田県に被害を及ぼす地震は、日本海東縁部で発生する地震と、陸域の浅い場所で発生する地震です。 秋田県とその周辺の主な被害地震 (図をクリックすると拡大表示) 日本海東縁部では、「昭和58年(1983年)日本海中部地震」(M7.7)が発生し、津波や地震の揺れ、地盤の液状化現象などに ... 12日午後7時37分ごろ、茨城県北部などで震度4の地震があった。 <過去48時間の地震履歴> 各地の主な震度は次の通り。 震度4=茨城県北部、福島 ...

詳細を見る »

気象庁|地震情報

【各地の震度に関する情報】震度1以上を観測した地点と地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)の情報 最上川の西側に沿った地域では、1944年の左沢地震(m5.5)のように、本震-余震型の地震が発生したこともあります。 また、宮城県の鬼首付近を震源とする1996年の秋田・宮城県境の地震活動ではm5.9とm5.7が続けて発生しています。 その活動域は山形県北東部に ... 宮城県北部地震(みやぎけんほくぶじしん)とは。意味や解説、類語。宮城県北部を震源地とする地震。1 昭和37年(1962)4月30日に発生したマグニチュード6.5の地震。現登米 (とめ) 市を中心に、家屋倒壊のほか、道路・鉄道・橋などの交通網に被害を受けた。

詳細を見る »

仙台市が経験した過去の主な災害|仙台市

〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7番1号 |代表電話 022-261-1111 市役所・区役所などの一般的な業務時間は8時30分~17時00分です。 (土日祝日および12月29日~1月3日はお休みです)ただし、施設によって異なる場合があります。 兵庫県南部地震も1978年宮城県沖地震も公共図書館に利用者のいないときに発生した。そのため,私たちは図書館を襲う大地震の本当の怖さを知らないともいえる。ちなみに,78年宮城県沖地震のとき,東北大学附属図書館には約250名の学生がいた。そこでは1 ... 東日本大震災で宮城県沖地震は終わったんでしょうか?ニュースを見ていてもほとんどそのことについてはやっていなかったのでずっと疑問でした。30年以内に99%来ると言われた宮城県沖地 震は宮城に住む私にとっては...

詳細を見る »

過去の災害 - 宮城県公式ウェブサイト

平成17年 3月20日の福岡県西方沖で発生した地震への宮城県の対応について; 平成16年10月23日の新潟県中越で発生した地震への宮城県の対応について; スマトラ沖大地震及びインド洋津波災害への支援について; 過去に県内で発生した災害の記録-宮城県災害年表 過去の地震情報を一覧にまとめています。震源地、市区町村ごとの震度、マグニチュードをお伝えします。 宮城県北部地震 2003年 宮城県北部地震 地震の震央の位置を示した地図 本震発生日(平成15年)7月26日発生時刻7時13分31秒(jst)震央 日本 宮城県東松島市付近北緯38度24分東経141度10分(...

詳細を見る »

地震情報 - Yahoo!天気・災害

地図画像と文字で震源地、震度、マグニチュードを素早く詳しく確認できます。過去の地震も閲覧可能 宮城県沖地震 (1978年) 宮城県沖地震 (1978年)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動宮城県沖地震 地震の震央の位置を示した地図 本震発生日1978年6月12日発生時刻17時14分25秒 (JST)震央 日本 宮城県仙台市の東方沖約100km (気象庁発表...

詳細を見る »

宮城県北部地震 - Wikipedia

1962年(昭和37年)4月30日11時26分24秒、宮城県北部で発生した地震。震源は、宮城県登米郡(現:登米市)迫町付近(北緯38度44.4分、東経141度8.3分)で、震源の深さは19km、地震の規模を示すM 6.5。 宮城県では、12日まで低温に注意してください。 11日09:13 注意報を解除します。 11日00:48 濃霧 宮城県では、11日昼前まで濃霧による視程障害に ... 政府の地震調査委員会は24日、宮城県沖の陸に近い海域で予測される「宮城県沖地震」について、30年以内にマグニチュード(M)7.4前後の地震が ...

詳細を見る »

過去の地震情報 (日付の新しい順) - 日本気象協会 tenki.jp

過去の地震情報 (日付の新しい順) English: Chinese : Korean →宮城県警察ホームページのご利用について 宮城県警察本部 〒980-8410 宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号 電話:022-221-7171(代表) 宮城県宮城郡松島町松島の住所一覧です。周辺のお店、施設、観光スポット、イベント情報、天気予報、防災情報も検索できます。主な情報提供元はタウンページ、ぐるなび、ホットペッパー、ゼンリン、日本気象協会、国土交通省、ウィキペディアなど。

詳細を見る »

宮城県沖地震等の発生確率|仙台市

(4)宮城県沖の陸寄りで繰り返し発生するひとまわり小さいプレート間地震(宮城県沖地震)の発生確率. ひとまわり小さいプレート間地震のうち、宮城県沖の陸寄りでは、一般に「宮城県沖地震」と呼ばれるマグニチュード7.1~7.4の地震が繰り返し発生したことが知られています。 宮城県地域防災計画 〔地震災害対策編〕 平成29年2月. 宮城県防災会議

詳細を見る »

多賀城市/地震防災マップ

地震防災マップの種類. 高い確率で起きるといわれている宮城県沖地震をはじめ、近い将来想定される地震について、次の5つのタイプを想定し、それぞれに「揺れやすさマップ」と「地域の危険度マップ」を作成しました。 宮城県沖地震(単独型)(pdf:1 ... 宮城県北部を震源とする地震による被害について(最終報) 九州地方等の大雨による被害状況について(最終報) 宮城県沖を震源とする地震による被害情報(最終報) 2002年. 台風第21号による被害状況について(第2報) 台風第7号による被害状況について(第5報)

詳細を見る »

東北地方における過去の地震による被害

地震 【M7.6】死者3人、負傷788人、住家全半壊501戸。道路、港湾の被害も有り。 平成15年 5月26日 (2003) 宮城県沖 (三陸南) 地震 【M7.1】負傷174人、住家全半壊23戸。震源が70kmと深いため、被害は小規模。 平成15年 7月26日 (2003) 宮城県北部 連続地震 宮城県の天気予報です。市区町村別の今日の天気、気温、降水確率が地図上に表示されているので、ひと目でわかります。タブ切り替えで10日間 ...

詳細を見る »

宮城県沖を震源とする地震情報 (日付の新しい順) - 日本気象協会 tenki.jp

宮城県沖を震源とする地震情報 (日付の新しい順) 【宮城県】 丸森町 【福島県】 ... 地震履歴. 発生時刻: 2020年2月12日 6時35分ごろ 震源地: 長野県中部 最大震度: 1マグニチュード:2.4; 発生時刻: 2020年2月12日 4時14分ごろ 震源地: 山形県置賜地方 最大震度: 1マグニチュード:3.9; 発生時刻: 2020年2月12日 3時06分ごろ 震源地: 北海道東方沖 ...

詳細を見る »

仙台管区気象台 | 宮城県に影響を及ぼした地震・津波の被害

この地震は塀やブロック塀の破損・倒壊による死傷者が目立ち、都市開発型の被害特徴を持つものとして注目された。気象庁はこの地震を「1978年宮城県沖地震」と命名した。 【参考文献:気象庁技術報告第95号1978年宮城県沖地震調査報告】 地震から避難するときは 津波情報に注意する 津波警報が発表されたら、沿岸部からすぐに避難する 火災が発生していたら、火の手からできるだけ離れる

詳細を見る »