循環 型 社会 形成 推進 基本法 リサイクル 法

循環型社会形成推進基本法 「循環型社会形成推進基本法」が平成12年6月2日(金)に公布されました。 経緯 (1) 喫緊の課題である廃棄物・リサイクル対策の重要性にかんがみ、環境庁として今後の対策のあり方について検討を進めてきた。 循環型社会形成推進基本法(じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう、The Basic Law for Establishing the Recycling-based Society 、平成12年 6月2日法律第110号)は、日本における循環型社会の形成を推進する基本的な枠組みとなる法律である。 循環型社会形成推進基本法の趣旨. 平成12年6月 環境庁. 1.廃棄物・リサイクル対策については、廃棄物処理法の改正、各種リサイクル法の制定等により拡充・整備が図られてきているが、今日、我が国は次のような課題に直面し、これへの対処は喫緊の課題となっている。 [1] 廃棄物の発生量の . 弥 七 梅田. 循環型社会形成推進基本法をここに公布する。 循環型社会形成推進基本法 目次. 第一章 総則(第一条-第十四条) 第二章 循環型社会形成推進基本計画(第十五条・第十六条) 第三章 循環型社会の形成に関する基本的施策 循環型社会形成推進基本計画は、循環型社会形成に関する施策を総合的・計画的に推進するために策定されたものです(循環基本法15条)。循環型社会形成推進基本計画は、循環型社会の形成に関しての基本的な方針、講ずべき施策を示します。 use sd card as internal storage samsung. 正式名称: 循環型社会形成推進基本法: 施 行: 平成13年1月施行(平成12年6月公布) 目 的: 環境基本法(平成五年法律第九十一号)の基本理念にのっとり、循環型社会の形成について、基本原則を定め、並びに国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、循環型社会形成 . 5.政府が「循環型社会形成推進基本計画」を策定 循環型社会の形成を総合的・計画的に進めるため、政府は「循環型社会形成推進基本計画」を次のような仕組みで策定。 [1] 原案は、中央環境審議会が意見を述べる指針に即して、環境大臣が策定。 循環型社会形成推進基本法(基本的枠組み法) 容器包装 リサイクル法 完全施行 H13.4 ・廃家電を小売店が 消費者より引取 ・製造業者等による 再商品化 家電 リサイクル法 完全施行 H13.5 食品の製造・加工・ 販売業者が食品廃棄 物の再資源化 食品 リサイクル法 国会に提出し 制定・公布予定 H14 . dormitory rules and regulations. リサイクル法. 建設. リサイクル法. 自動車. リサイクル法. 社会の物質循環の確保. 天然資源の消費の抑制. 環境負荷の低減. 循環型社会形成推進基本法(基本的枠組法) ①. 廃棄物の発生抑制. ②廃棄物の適正処理(リサイクルを含む) ③廃棄物処理施設の . 全国 水道 水 硬度. 循環型社会形成推進基本計画に係る規定(第15条 および第16条)を除き,公布の日から施行されて いる。 ここでは,循環型社会の形成に向けた施策を総 合的・計画的に推進するための基盤となる循環型 社会形成推進基本法の概要について紹介する。 let it go karaoke lower key. <循環型社会形成推進基本法> 参考資料b 再生利用にはケミカルリサイクルも含む 「循環型社会形成推進基本法の解説」(以 下、「基本法解説」と略す。平成12年 (株)ぎょうせい)では「「再生利用」は、 具体的には、使用済PETボトルの繊維原 しおり を 探す ページ たち 第 01 巻.

もっと詳しく知る »

環境用語集:「循環型社会形成推進基本法」|EICネット

廃棄物 処理や リサイクル を推進するための基本方針を定めた法律として2000年制定。環境省所管。 資源消費や 環境負荷 の少ない「 循環型社会 」の構築を促すことが目的で以下の特徴を持つ。 東日本大震災の影響による3Rの取組の後退と産業の再構築を踏まえ,第1期計画である現宮城県循環型社会形成推進計画で得られた成果を生かした第2期計画を策定しました。 第2 計画の位置付け. 循環型社会形成推進基本法に基づく地域計画

詳細を見る »

循環型社会を形成するための法体系 - env.go.jp

リサイクル法. 建設. リサイクル法. 自動車. リサイクル法. 社会の物質循環の確保. 天然資源の消費の抑制. 環境負荷の低減. 循環型社会形成推進基本法(基本的枠組法) ①. 廃棄物の発生抑制. ②廃棄物の適正処理(リサイクルを含む) ③廃棄物処理施設の ... 循環型社会形成推進基本法(じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう)とは。意味や解説、類語。環境基本法の理念に則り、循環型社会をつくるための基本原則を定めた法律。国、地方公共団体、事業者及び国民の役割・責務を明記し、循環型社会形成推進基本計画を策定するなど ... 循環型社会形成推進基本法では、廃棄物等のうち有用なものを「循環資源」と位置づけ、処理の優先順位を①発生抑制、②再使用、③再生利用、④熱回収(主に焼却処理)、⑤適正処分(埋立処分)と定め、ごみの減量化・資源化をより一層進めることを目指しています。

詳細を見る »

環境省_循環型社会形成推進基本法の概要

5.政府が「循環型社会形成推進基本計画」を策定 循環型社会の形成を総合的・計画的に進めるため、政府は「循環型社会形成推進基本計画」を次のような仕組みで策定。 [1] 原案は、中央環境審議会が意見を述べる指針に即して、環境大臣が策定。 循環型社会形成推進基本計画(以下「循環基本計画」という。)は循環型社会形成推進基本 法第15条の規定に基づき、循環型社会の形成に関する施策を総合的かつ計画的に推進する ために定めるものです。また、循環基本計画は、平成14年9月の ... これによって、循環型社会の形成を推進する基本的 な枠組みを示す「循環型社会形成推進基本法」の下に、 個別法として、「容器包装リサイクル法」(平成12年4 月1日改正施行)、「家電リサイクル法」(平成13年4

詳細を見る »

循環型社会形成推進基本法(2000年6月2日法律第110号) - 行政書士事務所 環境です

環境基本法のもとに循環型社会形成推進基本法が制定され、これらに基づいて既存の廃棄物処理法の改正、資源有効利用促進法の全面改正や各種リサイクル法が制定されてきました。 以下の、循環型社会を形成するための法体系図をご覧ください。 さらにごみを出さない循環型社会を目指す、循環型社会形成推進基本法(循環型社会基本法)が2000年に制定されました。 また中央省庁再編により、環境庁は2001年に環境省に格上げとなりました。

詳細を見る »

循環型社会形成推進基本法(循環基本法)-環境法令ガイド|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

循環型社会形成推進基本計画は、循環型社会形成に関する施策を総合的・計画的に推進するために策定されたものです(循環基本法15条)。循環型社会形成推進基本計画は、循環型社会の形成に関しての基本的な方針、講ずべき施策を示します。 循環型社会を形成していくために必要な3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みを総合的に推進するための法律で、3Rの取り組みが必要となる「10業種・69品目」を指定し、事業者が取り組むべき事項を定めてい ... 廃棄物の適正処理や資源の循環利用を行うため、さまざまな法律が制定されています。 特に2001年(平成13年)1月の循環型社会推進基本法が制定以降、社会の環境意識の高揚を背景に、個別物品の特性に応じたリサイクル関連法が相次いで制定されました。

詳細を見る »

循環型社会形成推進基本法(循環基本法)・用語一覧 - 環境法令ガイド|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

①廃棄物の発生抑制、②循環資源の循環的な利用、③適正な処分が確保されることによって、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会(循環基本法2条1項)。 循環型社会形成推進基本計画 法的要求事項ー屁 =318ページ 106 (7) 循環型社会形成推進基本法 この法律ができるまで ii 本は、 「大批生廂・大娘消牝・大批廃痕」獣の社会 から脱却し、生逝から梢伐、廃梨に至るまで物質の効率

詳細を見る »

リサイクル法(循環型社会形成推進基本法)<法規・基準<Web教材<木暮仁

循環型社会形成推進基本法は、循環型社会を構築するにあたっての国民、事業者、自治体、政府の役割などを定めた法律です。特に、事業者・国民の「排出者責任」明確化、生産者が製品等が廃棄物となった後まで一定の責任を負うべきだとする「拡大 ... 八王子市ごみ処理基本計画 5 第2章 第2章 循環型社会を取り巻く現状と重点課題 1 循環型社会に関連する法体系 循環型社会*に関連する国内の法体系は以下のとおりです。 平成13年に循環型社会形成推進基本法*が施行されたことにより、各種リサイクル関連法

詳細を見る »

循環型社会形成推進基本法(じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう)とは - コトバンク

知恵蔵 - 循環型社会形成推進基本法の用語解説 - 大量生産、大量消費、大量廃棄社会を資源循環型の社会に変えるために、国の基本的な考え方と国、事業者、国民の責務などを定めた基本法。2000年5月に成立、01年施行。容器包装リサイクル法、家電リサイクル法、廃棄物処理法、資源有効利用 ... デジタル大辞泉 - リサイクル法の用語解説 - 平成3年(1991)施行の「再生資源の利用の促進に関する法律」の通称。同法は改正され、平成13年(2001)「資源の有効な利用の促進に関する法律」(資源有効利用促進法)となった。→家電リサイクル法 →建設リサイクル法 →自動車リサイクル法 →...

詳細を見る »

循環型社会形成推進基本法 - Wikipedia

循環型社会形成推進基本法(じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう、The Basic Law for Establishing the Recycling-based Society 、平成12年 6月2日法律第110号)は、日本における循環型社会の形成を推進する基本的な枠組みとなる法律である。 循環型社会形成推進基本法 (平成12年6月2日法律第110号) ... 家電リサイクル法. 法令リンク先 ; 特定家庭用機器再商品化法 (平成10年6月5日法律第97号) 特定家庭用機器再商品化法 施行令: 特定家庭用機器再商品化法 施行規則: 容器包装リサイクル法. 法令リンク先; 容器包装に係る分別収集及び再 ... 廃棄物処理問題が山積する中、生産者に製造物のリサイクルや廃棄処理に関しても責任を負わせること。経済協力開発機構(oecd)が検討を重ねてきた考え方。日本では、循環型社会形成推進基本法にその理念が盛り込まれた。

詳細を見る »

循環型社会形成推進基本法とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

循環型社会形成推進基本法(じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう、The Basic Law for Establishing the Recycling-based Society 、平成12年 6月2日法律第110号)は、日本における循環型社会の形成を推進する基本的な枠組みとなる法律である。 基本法が整備されたことにより、廃棄物 ... 第四次えひめ循環型社会推進計画 1 第 1 章 総 論 国は、循環型社会の形成に向けて循環型社会形成推進基本法の制定をはじめ、廃棄物処理法の 改正や各種リサイクル法の整備を行ってきた。循環型社会形成推進基本法では、①廃棄物等の発

詳細を見る »

「循環型社会形成推進基本法」 の概要

循環型社会形成推進基本計画に係る規定(第15条 および第16条)を除き,公布の日から施行されて いる。 ここでは,循環型社会の形成に向けた施策を総 合的・計画的に推進するための基盤となる循環型 社会形成推進基本法の概要について紹介する。 循環型社会形成推進基本法 : 法令番号: 平成十二年法律第百十号 最終更新: 辞書バージョン: 3.0 翻訳日: 平成21年4月1日

詳細を見る »

循環型社会の形成に向けて ~各リサイクル法の取り組み~

循環型社会の形成に向けて ~各リサイクル法の取り組み~ 環境省廃棄物・リサイクル対策部 リサイクル推進室長 庄子真憲 平成25年5月28日3R推進協議会講演会. 廃棄物処理法 資源有効利用促進法 容器包装 リサイクル法 環境基本法 環境基本計画 < 廃棄物の適正処理 > < 再生利用の推進 ... 循環型社会形成推進基本計画 循環型社会形成推進基本法を受け、循環型社会形成のために達成すべき数値目標 (すうちもくひょう) や国の取組、各主体の果 (は) たす役割 (やくわり) などを定めた基本計画です。

詳細を見る »

環境省_循環型社会形成推進基本法 - env.go.jp

循環型社会形成推進基本法 「循環型社会形成推進基本法」が平成12年6月2日(金)に公布されました。 経緯 (1) 喫緊の課題である廃棄物・リサイクル対策の重要性にかんがみ、環境庁として今後の対策のあり方について検討を進めてきた。 循環型社会形成推進基本法では、循環型社会の形成に向けた取組みの推進を図るための基 本的枠組が定められており、個別品目のリサイクル法などは、この法の下に位置づけられる 法体系となっている。 この法体系は、世界的にみてもドイツ等とともに最も進んだ法体系といえる。 建設 ... 循環型社会形成推進基本法(じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう、The Basic Law for Establishing the Recycling-based Society 、平成12年 6月2日法律第110号)は、日本における循環型社会の形成を推進する基本的な枠組みとなる法律である。

詳細を見る »

リサイクル:建設リサイクル推進計画 - 国土交通省

建設リサイクル法制定と同時に、循環型社会推進形成基本法の制定、廃棄物処理法の改正など、5つの法律も整備されました。 これら法律を一体的に運用することにより、循環型社会の形成に向けて実行ある取組みを進めていくこととしています。 循環型社会とは、廃棄物を減らし資源を循環させながら利用していく社会のことをいいます。循環型社会にはReduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3Rが必要です。環境省は循環型社会の形成 […]

詳細を見る »

「循環型社会」と「3R」〜これからの地球を守るために〜 | 地域百貨

循環型社会を作るための取り組みは、国・自治体・企業やさまざまな市民団体などが行っています。 国は2001年に「循環型社会形成推進基本法」を施行し、ここで初めて循環型社会の定義を行いました。 リサイクル法 環境基本 法 ... 循環型社会形成推進基本法(基本的枠組法) ①廃棄物の発生抑制 ②廃棄物の適正処理(リサイクルを含む) ③廃棄物処理施設の設置規制 ④廃棄物処理業者に対する規制 ⑤廃棄物処理基準の設定 等 ①再生資源のリサイクル ②リサイクル容易な構造・材質等の工夫 ...

詳細を見る »

環境省_循環型社会形成推進基本法の趣旨 - env

循環型社会形成推進基本法の趣旨. 平成12年6月 環境庁. 1.廃棄物・リサイクル対策については、廃棄物処理法の改正、各種リサイクル法の制定等により拡充・整備が図られてきているが、今日、我が国は次のような課題に直面し、これへの対処は喫緊の課題となっている。 [1] 廃棄物の発生量の ... 「循環型社会形成推進基本法」は、2000年、廃棄物の発生量増加、最終処分場の減少化、不法投棄の増大等の問題を解決するため、リサイクル等循環型社会の形成の推進に制定された。 正式名称は「国等による環境 物品等の調達の推進等に関する法律」。 平成 12年法律 100号。環境に配慮した商品 (グリーン商品) の調達,いわゆる「グリーン調達」を各省庁や独立行政法人などに義務づけた法律。 リサイクル関連諸法の基本的枠組み法としての「循環型社会形成促進基本法 ...

詳細を見る »

環境省_循環型社会形成推進基本法(条文)

循環型社会形成推進基本法をここに公布する。 循環型社会形成推進基本法 目次. 第一章 総則(第一条-第十四条) 第二章 循環型社会形成推進基本計画(第十五条・第十六条) 第三章 循環型社会の形成に関する基本的施策 循環型社会形成推進基本法の概要 基本原則等 循環型社会形成に関する行動が、自主的・積極的に行われることにより、環境への負荷の少な い持続的発展が可能な社会の実現を推進。 最終処分(埋立) 適正処分 サーマルリサイクル 熱回収 処理(再生、焼却等) サーマルリサイクル(Thermal Recycle、熱回収)とは、廃棄物を単に焼却処理せず、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用することである。 容器包装リサイクル法で認められた油化・ガス化の他、焼却熱利用、廃棄物発電、セメントキルン原燃料化、廃棄物固形燃料などがある。

詳細を見る »

3R政策(METI/経済産業省)

正式名称: 循環型社会形成推進基本法: 施 行: 平成13年1月施行(平成12年6月公布) 目 的: 環境基本法(平成五年法律第九十一号)の基本理念にのっとり、循環型社会の形成について、基本原則を定め、並びに国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、循環型社会形成 ... 循環型社会形成推進基本法 は、事業者の責務として、 廃棄物 の減量化、 適正処理 に加えて、製品や容器が リサイクル 利用されやすいように、 リサイクル の仕組みが整備されれば製品や容器を引き取り リサイクル することを規定し、拡大生産者責任の ... 循環型社会形成の推進に向けた県の取組 廃棄物処理法における取組. 廃棄物処理法に基づき、神奈川県循環型社会づくり計画を策定し、その中で循環型社会形成の推進に向けた施策を立案し、取組を行っています。

詳細を見る »

参考資料B 廃棄物処理手法の優先順位と考え方

<循環型社会形成推進基本法> 参考資料b 再生利用にはケミカルリサイクルも含む 「循環型社会形成推進基本法の解説」(以 下、「基本法解説」と略す。平成12年 (株)ぎょうせい)では「「再生利用」は、 具体的には、使用済PETボトルの繊維原 1.循環型社会形成推進基本法とは? <正式名称> 循環型社会形成推進基本法 <発行年> 2000年6月制定 <法文の構成内容> 第一章 総則(第一条―第十四条) 第二章 循環型社会形成推進基本計画(第十五条・第十六条) 第三章 循環型社会の形成に関する基本的施策 第一節 国の施策(第十 ...

詳細を見る »

早わかり - meti.go.jp

循環型社会形成推進基本法(基本的枠組み法) 容器包装 リサイクル法 完全施行 H13.4 ・廃家電を小売店が 消費者より引取 ・製造業者等による 再商品化 家電 リサイクル法 完全施行 H13.5 食品の製造・加工・ 販売業者が食品廃棄 物の再資源化 食品 リサイクル法 国会に提出し 制定・公布予定 H14 ... 循環型社会形成推進基本法 循環型社会形成推進基本法の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家... 狭義には、廃棄物の発生を抑制し、再使用・リサイクルを行い、廃棄量を少なくし資源として循環利用する社会。 広義には、自然における適正な物質循環を可能にする人間社会のあり方。 循環型社会形成推進基本法第2条によれば、「製品等が廃棄物等となることが抑制され、並びに製品等が ...

詳細を見る »